キャンドルに使われているワックスは可燃性です。

取り扱い方法によっては、火災や火傷といった事故の原因になります。

以下の注意事項をお守りいただき、安全にご使用ください。

万が一の事故等の責任は一切負いかねます。ご了承ください

使用方法について

  • キャンドルを使用する際は、ロウが垂れる恐れがありますので、キャンドル専用のホルダー、耐熱ガラスや陶磁器などの燃えない素材の受け皿をご使用ください。
  • 燃えやすいもの(カーテンや本、新聞など)のそばや風邪のある場所、熱を伝えやすいものの側を避け、平らで安全な場所でご使用ください。
  • キャンドルの火、液体のロウには決して触らないでください。
  • キャンドル点灯中はキャンドルの側から離れないでください。離れる場合は必ず火を消して下さい。
  • 就寝前は必ず火が消えていることを確認して下さい。
  • お子様の手の届かないところ、ペットから話した場所でご使用ください。
  • 変形、色あせの原因ともなりますので、高温多湿、日光(直射日光)の当たらない場所を避けて保管して下さい。
  • ご使用後は十分に冷ました状態で保管して下さい。
  • キャンドル購入時についている包装などがある場合はかならず取り外してご使用ください。引火の恐れがあります。十分にご注意ください。
  • キャンドルのひが大きすぎる場合は、煤が出る原因にもなりますので、一度火を消してから、芯を5mmぐらいにカットして再度ご利用ください。
  • ドライフラワー等をあしらったキャンドルはキャンドルの風向き灯り方などで炎で燃える場合があります。炎に近づいた場合は取り除くなどし、安全にご使用ください。

 

重要ですお読みください
「消防によりますと、障子の近くには、ろうそく立てがありましたが、20センチ以上離れ、ろうそくは燃え尽きた状態で、ほかに火の気もなく、当時は原因を突き止めることができませんでした。消防では、現場のろうそく立ては水で洗ったあとだったと住民が話していたことから、ろうそく立ての受け皿部分に水分がある状態で火をつけて半年にわたって実験を繰り返したところ、まれにろうそくの芯が火がついたまま飛ぶ現象が起きることが分かりました。
ろうそくが燃え尽きるとき、溶けたろうの膜に閉じ込められた水分が数百度の炎に熱せられて沸騰し、ろうの膜が破裂して芯を飛ばしたとみています。」

 

以上のように燭台を使用したキャンドルを楽しむ場合は、燭台を水洗いなどした場合は必ず、水気をしっかりふき取る、しっかり乾燥させるなどしたうえでお使いくださいますよう、ご注意ください。

 

本来楽しんで頂くべきキャンドルライフで、危険な事が起こらないように

十分注意していただければと思います。